火災保険 相場

火災保険の相場を検討ナビ

火災保険の支払いによる比較

火災保険というのは、自分の物に移転をすると同時にかけるのが、一般的な手続きになります。

それより前に物件を見たり、契約をしたりするのが始めになり、火災保険というのは一番最後にくる諸経費の一つにもなります。

例えば一戸建ての住宅を購入した場合に、保険の金額はいくらにすればいいのか悩まれる方も少なくありません。

購入した代金の金額を、そのままかけるのか、そうでないかですが、不動産の購入と言うのは、建物ばかりに目が行きがちになります。

その下には土地と言う物がついています。

この販売価格は、建物の代金と土地を合わせた代金になります。

そうすると土地というのは、火事があって燃えたら無くなってしまうのかと考えた時、土地は消える事はありません。

なので土地の保険はかける必要はなく、建物の代金だけにかければ良い事になります。

不動産購入費の諸経費を導く為の保険料は、保険の金額に応じて変わってきますが、例えば土地が3000万円で建物が2000万円の価値がある場合は、保険をかける対象になるのは2000万円になります。

ここで、この2000万円に対して何年、保険をかけるのか比較する事が求められます。

1年かけるのか、5年なのか10年なのか、あるいはローンを借り入れた同等の期間の35年なのかを検討する余地があります。

1年でかけた場合と、35年一括でかけた場合を比較してみると、当然ながら火災保険の保険料は変わってきます。

1年で仮に1万円とするならば、35年であれば35倍の35万円なのかという事になります。

ただこの保険は、長期を一括でかける事によって、長期割引と言う制度があります。

1年ごとにかけた場合は、1万円の保険料が必要になります。

35年一括でかけた場合は、本来は35万円かかるものに対して、少し割り引かれて25万円ぐらいになったりだとかの割引が使えますので、何年かけるのかは、年あたりの保険料などを換算して検討する事が必要です。

銀行ローンによっては、借り入れ期間と同期間の間の保険をかける事が条件になっている場合もありますので、各種銀行に確認をする事です。

年毎にかける事が出来るのであれば月々は数万円で済みます。

35年間一括で支払う場合は、建物の構造によっては価格が随分と変わってくる場合があります。

また、火災保険の相場に関して詳しく調べたいなら「火災保険の相場ガイド」もおすすめです!